医療レーザー脱毛 大和田ファミリークリニック・皮膚科(保険診療)併設

クレジットカード利用可

メール相談

初診予約

再診予約

お問い合わせは今すぐコチラ 04-7141-7556

シミそばかす

シミ治療人気の施術 Best3 レーザーフェイシャル イオン導入 内服・外用薬

しみ・そばかすとは

しみ・そばかすイメージ写真

しみは皮膚の奥にあるメラノサイトが、紫外線などによって刺激されて皮膚を守るために過剰にメラニンを生成してしまい、肌に残ってしまった状態のことをいいます。しみができるのは紫外線を浴びることや、加齢による新陳代謝の衰え、外傷やにきび痕など様々な理由があります。 そばかす(雀卵斑)は先天性のもので遺伝的要素が強いものです。しみと同様に紫外線の影響を受けやすくストレス、ホルモンバランスの乱れ、間違ったお手入れなどでも濃くなることがあります。

しみの種類

しわは以下のように種類が分かれます。各症状により治療法が違ってくるのです。当院では、治療の前に医師による診断を行い、正確に患者様の状態を確認して、最適な治療方法をご提案します。

老人性色素班 肝斑

紫外線によるしみの代表格です。20代から発症することもありますが、60代以上では必発と言っていいほど一般的なしみです。茶色いしみで、形は不定形で、米粒位の大きさから5㎝ほどに及ぶことがあり、単発のことも多発することもあります。

老人性色素班

30代~60代の女性に多くみられ、主に目の下と両頬骨に左右対称にみられる薄茶色のしみです。女性ホルモンによる影響、皮膚の角な摩擦、肌に合わない化粧品などが原因と言われています。放っておくと頑固なしみになるので、早めの治療が必要です。

老人性色素班
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM) 炎症後色素沈着

多くは思春期ごろから頬や額の両側に現れます。太田母斑の類縁疾患とあれています。そばかすより少し大きいくらいの茶色ないし灰色っぽい色素班です。頬では肝斑と見間違えられやすいです。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

にきび、けが、やけど、湿疹など何らかのダメージを受けて炎症を起こし、茶色っぽく残ってしまった状態のことです。

炎症後色素沈着
雀卵斑  

3歳以降に発症する、そばかすといわれ類円系の小色素班です。先天性のもので遺伝的要素が強いものですが適切な治療で目立たなくすることができます。

そばかす

しみ・そばかすの治療法

老人性色素斑の治療方法

レーザーフェイシャル、トレチノイン・ハイドロキノン療法

レーザーを症状に応じてパワー設定し、メラニン色素の細胞のみ反応させて治療いたします。通常レーザー照射は1回で取りきってしまうことが可能です。 レーザーを使いたくないという場合はトレチノイン・ハイドロキノン療法で取りきるあるいは薄くすることも可能です。

レーザーフェイシャル

肝斑の治療方法

内服薬、ケミカルピーリング、イオン導入

トラネキサム酸の内服が中心となり、約3か月で効果が現れます。1年~1年半程度内服を続けますが、トラネキサム酸は副作用の少ない内服薬ですので、1年以上続けても問題はないのですが、早く治療を希望される方はイオン導入やピーリングの併用をお勧めします。なおトラネキサム酸内服治療は保険適応となります。

ケミカルピーリング  イオン導入

後天性真皮メラノサイトーシスの治療方法

レーザーフェイシャル

レーザー照射をしてからしみが薄くなるまで数か月を要します。徐々に改善してきますが、何度かレーザー照射が必要になることがあります。

レーザーフェイシャル

炎症後色素沈着の治療方法

ケミカルピーリング、イオン導入、ハイドロキノン療法

酸を塗布して表皮の古くなった角質を除去します。新陳代謝を促進・正常化させ繰り返すことによって、古くなった角質が取れて、色素沈着の原因となるメラニンの排出を促します。また、お顔全体のくすみやしわも改善されます。

ケミカルピーリング  イオン導入

料金表

料金
イオン導入(全顔)1回 4,000円
ケミカルピーリング(全顔)1回 6,000円
レーザーフェイシャル(部分)1回 7,000円

※上記料金は全て税別料金となります。

よくある質問

シミのレーザー治療や外用薬は保険適用でしょうか?

大変申し訳ございません。残念ながら保険適用外、自費診療となります。

レーザー治療でシミは薄くなりますか?

個人差はありますが、シミが薄くなったり、目立たなくなったり、無くなったという方など様々いらっしゃいます。

シミレーザー治療に痛みはありますか?

レーザー治療ではありますが痛みが少ないため、安心して受けていただけます。